借入審査をスムーズに合格するために必要なこと

借入審査

借入審査はお金を借りるためには必ず賃金業社の借入審査を受けなければなりません。
借入審査の審査基準は、どこの賃金業社も機密事項で公表されていませんが傾向はわかります。

 

借入審査を心配している方が多いですが、借入審査は消費者金融でも
銀行カードローンでも基本的な内容は変わりません。

 

審査基準を押さえれば借入審査を一発で合格するために必要なこともわかってきます。
借入審査を一回でパスするためには注意点がありますので参考に願います。


借入審査がスムーズなオススメの賃金業社リスト

三井住友銀行カードローン

低金利で高額融資も可能!
金利は4.0%~14.5%、利用限度額は800万円と余裕があります!
極度額300万円以内なら収入証明書の提出も不要!
審査時間は最短30分!
銀行カードローンとは思えない迅速なスピードです。
最短即日融資にも対応
三井住友銀行のローン契約機プロミスの自動契約機も利用できて
申し込み場所が多い!利用時間も長くて便利!!

三井住友銀行カードローン 三井住友銀行カードローン

プロミス

土日でも借りられる!
プロミスには即日無利息振込キャッシングも便利なサービスがいっぱいです!
平日14時過ぎても土日・祝日でも自動契約機に行けば最短当日でも借りられる!
※即日融資を利用するためには、平日14時までに契約完了が必要です。
※無利息ローンサービスの利用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

女性の方には安心のプロミスレディースが人気がります!

借入審査 借入審査

モビット

モビット

WEB完結申込で内緒!
WEB完結申し込みなら電話連絡無し郵便物も無し!なので
 安心して、家族にも秘密で!同僚にも内緒で!にキャッシングを進められます。
10秒簡易審査で最短即日融資も可能!モビットの申込方法は2種類あるので最適を選択!


借入審査 借入審査

アコム

最短30分で審査回答完了!
HPの3秒診断で融資判断スグ可能!匿名なので気軽に利用できます!
今なら30日間金利0円サービス実施中でよりお得に借りられます!
即日審査は最短30分!即日融資も最短60分で可能!


借入審査 借入審査

借入審査を一回で合格するために必要なこと

借入希望額は必要最小限にする。

借入審査を難しくするのは、希望借入金額が多過ぎる場合です。
希望借入金額が多ければ、それだけ賃金業社は審査を慎重に行わなければならなくなります。
返済のことを考慮しても希望借入金額は必要最小限にするのは鉄則です。

 

即日にお金が必要な時は消費者金融を利用する。

即日にお金が必要な時は即日審査・即日融資サービスが進んでいる消費者金融
融資してもらった方が借入審査も即日で合格する確率が高くなります。

 

消費者金融は従来から消費者を相手に取引をしていますので、即日サービスも充実しています。

 

最近では銀行カードローンも即日融資サービスを行い始めましたが、銀行カードローンは銀行本体と
信託保全されてている信託会社のダブルチェックが必要になるため、借入審査も長くなってしまいます。

 

50万円以下なら消費者金融でも収入証明書の提出は必要ない。

総量規制の適用されている消費者金融でも50万円以下の借入の時は収入証明を提出しなくても良いです。
(他社との借入合計が100万円を超えると収入証明書の提出が必要になります)

 

収入証明書の提出が必要なくなれば、その分借入審査の項目も減るのでスムーズに進みやすくなります。

 

初めて利用する賃金業社の場合は借入金額は少なめにする。

初めて利用する賃金業社の場合は、まだあなたに信用が無いので
個人属性に合わない高額な借り入れだと審査で不合格になりやすいです。

 

特に即日でお金が欲しいケースでは、最初の借入は30万円以下にするのが無難です。
最初の借入でしっかり返済を行えば信用度は上がるので、次回は増額融資の交渉も可能になります。

 

主婦と専業主婦では申込み先の賃金業社が異なる。

パートやアルバイト、派遣業務などで継続収入のある主婦の方でしたら、
消費者金融でも銀行カードローンでも好きな賃金業社に申し込むことができます。

 

問題は安定収入の無い専業主婦の方ですが、専業主婦の方は総量規制の適用されている
消費者金融に申し込むのは厳しいです。消費者金融側も敬遠する傾向にあります。

 

専業主婦の方は総量規制の適用外の銀行カードローンに申込みましょう。
総力規制の適用外の銀行カードローンだったら300万円以下の借入の場合は
原則、収入証明書の提出は不要といった銀行も多く申込みしやすいです。

 

個人属性にあった適切な借入金額で申し込む

賃金業社も貸せるのなら貸したいのが本音です。
それでも借入審査で不合格にしなくてはならないのは、返済してもらえる見込みが立たないからです。

 

返済が滞ってしまうと賃金業社も貸し倒れで倒産してしまいます。
そのため借入審査は会社の業績・運命を支配するので慎重に行われます。

 

個人の属性を超えた借入金額で申し込みを行えば、落ちる確率が高くなるのはしかたが無いことです。

 

総量規制でも年収の1/3までしか借入できないことになっています。
自分の現在の個人属性を踏まえた金額で申し込みを行いましょう。

 

お金の借り入れの申し込み時に必ず行われる借入審査とは何か!

借入審査

借入審査とは

銀行や信用金庫、消費者金融などの金融機関から
お金を借りる場合には必ず必要になるのは「借入審査」です。

 

借入審査は、お金の借り入れを申し込んできた方に対して下記の内容で審査をします。
・「金融機関が設定している申し込み込条件を満たしているのか?」
・「申込者に融資を実行して良いのか?」
・「申込者に対していくらまで融資可能なのか?」

 

この借入審査を通過すれば、初めてお金を借りることが可能なります。
逆に言えば、借入審査を通過できなければお金を借りることはできません。

 

借入審査の内容

申込者の希望通りに融資が行われるかは、申込者の個人属性(勤続年数、持ち家など)や
過去の借入履歴とその時の返済状況などによって決定されます。

 

借入審査を行う際に使用する主な資料は、申し込み者の個人情報(本人確認書類や収入証明書類など)
と信用情報機関に照会して手に入れる申し込み者の個人信用情報です。

 

申し込み者は店舗の窓口や自動契約機で申し込む場合は必要書類を持参しなければなりません。

 

郵送で申し込む場合には、書類一式を金融会社に送付する必要があります。
ただ最近ではWEB申し込みが速くて便利なので、利用者は圧倒的に多いです。

 

WEB申し込みの内容

WEB申し込みの場合は、書類関係はWEB上で入力を行い個人確認書類はを撮影したり
スキャナなどで取り込んで画像形式で金融機関へ送信すれば良いだけなので速くて簡単です。

 

近年、申し込みもインターネットを使うことで速くなっていますが、借入審査のスピードも
インターネットと相互に連結されたデータベースのお陰で飛躍的に速くなっています。

 

店頭やインターネット上で申し込んだ場合、審査結果は30分以内で紹介されたりします。
そのため金融機関では即日審査と言ったサービスが可能になって来ています。

 

↓↓借入審査もサービスもオススメの賃金業者ランキング一覧↓↓<

借入審査

>>スムーズに借入審査できるサービスはコチラから<<

個人信用情報データベーズで現在・過去の借入履歴は全てバレています!

借入審査

指定信用情報機関制度と個人信用情報

指定信用情報機関制度が導入されて、各個人の信用情報は賃金業社間のデータベースで一元管理されています。

 

そのため各賃金業社は必要な個人情報はネットでスグに参照することができるようになっています。

 

指定信用情報機関制度のお陰で、即日審査に代表される借入審査が速くなった恩恵もありますが、
全ての個人情報はバレてしまっていることを念頭に新規申し込みは行う必要があります。

 

個人信用情報の登録内容は、その人の住所、氏名、生年月日、電話番号、
そしてこれまでの借入履歴などです。

 

また個人の借入履歴はどんな形態でいくらの借入かということまで記載されています。

 

これらの情報を金融機関や保証機関は個人信用情報の取り扱い業者と契約して
その内容をいつでも照会することが出来るのが特徴です。

 

借入審査での個人信用情報の扱い方

銀行などの金融機関はローンの審査を始める場合まずこの個人信用情報の調査から始めます。
ここで事故歴や延滞歴があるとまず審査に通りません。

 

個人信用情報に載っている登録情報は借入を利用しているという情報だけではなく、
借り入れをを申し込んだという履歴まで載せています。

 

そのため、複数の金融機関で借り入れを行うと、それが全てバレてしまっています。

 

申し込みブラック(多重申し込み)は危険です。

たくさんの金融機関で申し込みをしている場合は、他行で申し込みをしているのに、
なぜうちに相談しにきたのかを整合性のある言葉で説明て出来なければなりません。

 

この個人信用情報の登録は、殆どの金融機関が加盟しています。

 

そのため、個人信用情報のデータに悪い内容の履歴が残っている場合は、
早めにそれらのローンを無くしてきれいな状態にして置く必要があります。

 

そうしないと新規でのローンの借入審査で落ちる可能性が高くなってしまいます。

 

(参考)個人信用情報機関制度の内容

2010年6月の総量規制の実施に伴い、指定信用情報機関制度が導入されました。

 

貸金業者が消費者のお金の借入状態の様子を簡単に検索できるシステムが構築されています。
指定信用情報機関は個人信用情報の更新を義務付けられています。

 

現在、指定信用情報機関として以下の2社の会社が内閣総理大臣より指定されています。
(株)日本信用情報機構
(株)シー・アイ・シー

 

消費者金融などの個人向けの融資を行う貸金業者は、必ず指定信用情報機関に加入しなければなりません。

 

指定信用情報機関の個人信用情報データベースは、個人がローンの新規申し込み、
または返済や遅延状況がある度に、常に最新状態に更新されています。

 

※詳細は日本賃金業協会HPの「指定信用情報機関とは」がわかりやすいですので参考に願います。

 

↓↓借入審査もサービスもオススメの賃金業者ランキング一覧↓↓<

借入審査

>>スムーズに借入審査できるサービスはコチラから<<